T-falクックフォーミーを使いこなすブログ

T-fal Cook4meは本当に使える家電なのか? 日々、様々なレシピを試して評価しています。

カテゴリ: クックフォーミーのスペック

クックフォーミーを使い評価することを目的に始めたこのブログ。

色々なレシピで料理をしてみたり、ユーザーが男性や50代女性(夫や母)だったらどうなるかを検証してみたり、故障と思しき状況についてお客様サポートとやりとりしてみたり、色々とやってきました。

それは良いのですが、本来の目的であった評価の記事が埋もれてしまいつつあり、しかも読み返すと記事がかなり散乱していて読みにくいことに気付いたので、修理に出すというのを節目に改めてクックフォーミーについてまとめたいと思います。

スポンサードリンク




クックフォーミーと過ごした4ヶ月。
クックフォーミーは我が家にどんな影響をもたらしたか。

まず食卓は、炒めたり焼いたりの料理よりも煮たり蒸したりの料理が多くなりました。
私も夫もアラサー。
気になっていた油やカロリーがもっともっと気になってきていたので、煮る蒸す料理は大歓迎でした。
さらに、これまで作ったことがない料理、料理に留まらずジャンルの料理に挑戦してとても刺激的な日々でした。
まさか私がココナッツミルクを使ってさらさらの本格インドカレーを家で作る日が来るなんて(その後の匂いとはまさに死闘でしたが)。
まさか私が、お祝い事やお正月のタイミングで完璧なお赤飯を用意することができるなんて(しかも数分で)。
黒豆は、おやつに食べるほど身近な料理となりました。

元々料理は得意でしたが、もっともっと料理に対して自信がつきました。
この辺りは、僭越ながらドラえもんとのび太の関係とイメージを重ねてしまいました。
もっと言うと、のび太の他力本願なところが私はあまり好きではないのですが、ちょっとだけのび太が好きになりました。
成功体験が自信となり、さらなるチャレンジに繋がり人は大きくなる。のび太、そのままで良い、頑張ろう!みたいな。

話が逸れましたが、そんな感じで私たちの生活が豊かになりました。
レシピブックを見て、夫と次は茶わん蒸しにしようかと話したり夫をけしかけてクックフォーミーで料理をしてもらったり、その買い出しで牛のタンの塊肉を探し歩いたりと、クックフォーミーを使うようになって変わったのは食卓に限りません。
生活が豊かになりました。

スポンサードリンク



評価となるとやたらと偏った目で見て批判的になる私ですが、クックフォーミーは良い家電だと断言しましょう。
「クックフォーミーへの不満を語る」と題して6つも記事を書いていますが、読んでくださった方はどれもさほど大きなインパクトではないな、と感じたことでしょう。

一方、良い家電であると感じた理由はたくさんあります。中でも特に重要だと感じたのが5つあります。

まず一つ目。

炊飯について。

「クックフォーミーって何?」という基本的な疑問に対して4ヶ月使ってみてたどり着いた答えは、「クックフォーミーは炊飯器」です。
購入当初はクックフォーミーは圧力鍋だと思っていました。
違います。これは多機能炊飯器です。
焼いたり、蒸したり、圧力をかけられたりする炊飯器と考えた方がしっくり来るのです。
炊飯器料理というジャンルがありますね?それがバージョンアップしたようなものです。
焼いたり炒めたりしてそのまま圧力をかけて煮ることができ、その後は自動的に保温されます。
元々、炊飯器を買うタイミングでクックフォーミーを手に入れたので、すごく多機能な炊飯器、当然我が家にはぴったりでした。
逆に言うと、炊飯器がある家庭ではこのポイントに関してはそれほどニーズはないのかもしれません。クックフォーミーは多機能ゆえに大きい家電ということもあり炊飯器を断捨離するのもありかと思います。

おっと、5つも項目を立ててしまったのでこの先の終わりが果てしなくなってしまいました。
続きはまた改めます。

ではしばらくクックフォーミーについて語っていきます。



↓↓
cook4meを詳しく見てみる




スポンサードリンク

なんやかんやと、クックフォーミーは素晴らしいと言いつつ、積もり積もった不満記事は第6弾となりました。

最初に言っておきます!
クックフォーミーは素晴らしいので私の生活には欠かせない重要家電です。




さぁ不満いきます。


クックフォーミーの魅力のひとつは、

予約設定ができる

ということだと思います。

圧力鍋なのに予約ができる!素敵ですよね♡


でもこの予約機能、初めて使ったときはきちんと炊けるまでちゃんと設定できたのかが全然わかりませんでした。

「時刻」と「時間」という言葉がごっちゃになって、物凄くわかりにくいのです!!



まず、今回は炊飯での予約設定をしてみます。


材料 → 白米 → 加圧時間の設定

クックフォーミーの不満
通常通り3分のままで。

OKを押すと、
・すぐにスタート
・予約設定
を選ぶことができます。

予約設定を選んでOKを押す

クックフォーミーの不満
スポンサードリンク


クックフォーミーの不満

「現在何時ですか?」と聞かれるので、ダイヤルを回して現在の時刻に設定します
07:24と入れOKを押します

クックフォーミーの不満

すると、「調理終了時間」と表示されます。


さっきは、「何時ですか?」と聞いてくれたのに、ここではそう問いかけてくれません。
最初見たときは、この終了時間を変更することができないのかと思って混乱しました。
調理開始時刻、としてくれればまだわかりやすかったのですが。

12:00に設定してOKを押します。

クックフォーミーの不満

スポンサードリンク


するとこの画面。

調理開始時間04:18

クックフォーミーの不満

え!?夜中の4時???


ますます混乱してしまうのです。


これは、調理開始までの時間です。
「調理開始まであと、」とか文言を付け加えてくれればわかりやすいですよね。


ちなみにこの画面が出たら予約完了です。

このまま放っておくと、

クックフォーミーの不満

これが調理開始1分前です。

12時に炊けるには、11:42から調理を開始するようです。




かなり一癖あるクックフォーミーの予約設定でした。


関連記事 -クックフォーミーへの不満を語るシリーズ-
①【材料画面をもっと見たい】
②【材料を最初にすべて揃えるのが正直面倒】
③【予熱時間の設定ができたら良いな】
④【電子音が何かと騒がしい】
⑤【予熱、侮ることなかれ】
⑥【予約設定に一癖あり】


↓↓
cook4meを詳しく見てみる






スポンサードリンク

本体登録レシピの「チキンのココナッツカレー」を作った後の注意です!!!
【チキンのココナッツカレー】本場のカレー感!ライスはいらない【圧力鍋クックフォーミー】

クックフォーミーでカレーを作ったら匂いが取れなくなった


気を付けてください。

これを作ったらカレーのにおいがクックフォーミーにものすごく染みつきます。



それを知らず、ココナッツカレーの後に
白米を炊きました。

スポンサードリンク



炊飯後半の段階から、

蒸気から米ではなくココナッツカレーのにおいが。

時すでに遅し。

もっと気合を入れて内蓋を洗うべきでした。

洗剤だけじゃなくハイターで徹底的に綺麗にすれば良かった。



炊けたお米のにおいは、ココナッツカレー。
見た目は美しい白米なのに。





そして、その後カレーを作ってから2回目の炊飯。


この時は

しっっっかりと

クックフォーミー本体と内蓋を洗いました。




炊飯中の蒸気からはカレーのにおいなし。
炊けた白米を口に入れると…

鼻から抜けるかすかなココナッツカレーの匂い






気を付けてください!


チキンのココナッツカレーを炊いた後、ココナッツカレー風味の白米が炊けます。

おそらく、内蓋のゴムに匂いがついているのかな?と思います。

   
今まで市販のカレールーでカレーライスを作ったときも、
この前本体内蔵レシピのトマトマレーを作ったときも、
こんなことにはなりませんでした。

こんな経験は初めてなので、とりあえずココナッツカレーを作る際は注意してください。

クックフォーミーでカレーを作ったら匂いが取れなくなった

このもうもうと上がる蒸気。

当時は美味しそうに見えたけど、今や匂いを思い出して恐怖。

ココナッツフォミー!


↓↓

cook4meを詳しく見てみる






スポンサードリンク


スマステーションの最新家電ベスト14でクックフォーミーが紹介されましたね!

そのためか、ブログへのアクセスが日付の変わり目から今朝にかけて跳ねていますw

テレビの影響の大きさに驚いています。


クックフォーミーのおすすめポイントや気になるところまで、これまで歯に衣着せぬ内容をずらずらと書いてきました。




あとは、今日声を大にして言いたいのは、


全額返金キャンペーンは今日の購入分まで!!!
20161221
スポンサードリンク





ということ。



とりあえず買ってみては♡




↓↓
cook4meを詳しく見てみる






スポンサードリンク


先日の「クックフォーミーへの不満を語る②【材料を最初にすべて揃える正直面倒】」。

ここで新たに発見した、

デモモード


という機能について。

一言物申したい。

クックフォーミーのデモモードを使って事前に調理工程を見る
スポンサードリンク



このデモモード、調理工程を実際に調理する前に見ることができる、というものです。
おそらくそもそもは、店頭での販売のときに役に立つ機能なのでしょう。

これを、「調理工程を実際に調理する前に見ることができる」というあたり、製造側はかなり強引です。


なぜなら、モード切替が異常に面倒くさいのです。



取扱説明書には、間違ってはいないけれどさも簡単なように書いています。



しかし、実際の手順はというと…

ホーム画面

設定

画面/音声

画面

デモモード

「3424」と入力(ダイヤルを回してひとつひとつ…面倒くささのピーク)

2016-12-21-16-31-47


電源オンの時と同じ起動画面(以降左上にデモモードと表示される)

クックフォーミーのデモ・モードを使って事前に調理工程を見る


ホーム画面(ようやく)

…で、見たいレシピを選ぶと…。

スポンサードリンク



ここまででもそれなりに面倒なのに、デモモードをオフにする作業も同様の手順です。
え!またやるの?!という気持ちになりました。



デモモードは、本当にデモです。


予熱が進むバーが、実際の予熱よりは早いにせよひとつひとつ進むし、

圧力調理のときは、本当に蓋をしめてロックしないと進まないし。


ただ調理工程が見たいだけなので、文章でつらつらと表示してくれれば十分なのにな…


販促のためのデモモードを流用してる感、満載なのです。

より実際の調理に近いということで、親切といえば親切なのだろうか。



↓↓
cook4meを詳しく見てみる




スポンサードリンク

このページのトップヘ