T-falクックフォーミーを使いこなすブログ

T-fal Cook4meは本当に使える家電なのか? 日々、様々なレシピを試して評価しています。

カテゴリ:クックフォーミー料理 > 自作レシピ

ハンバーグ、ローストビーフをスロークッキング(肉を調理する上で一番低い温度で調理)を続々と試しています。

前回の、ローストビーフは本当に大成功でした。
ティファールに教えてあげたいくらいです

そして、課題となっていたハンバーグ、
予告通りリベンジしました!


球体は、夫はお気に召さなかったので(迫力は良いけど食べにくい)、

球体2個、小判型2個(厚さ3cm)で作りました。


焼き目を付けて、裏返して、1分ほど焼いて、お湯を50ml注ぎ、


再加熱モード!
(70℃、蓋を閉めなければならない)


5分おいて、裏返して5分。


緊張の…温度測定!






スポンサードリンク




完璧ッ!!


小判型の方も、再加熱モード中に膨らんでどちらも同じような球体になりました。

肉汁は、前回より断然今回の方がじゅわわぁぁぁ!と溢れてきました。



温度管理、大事です


ハンバーグを器に盛りつけて、スロークッキングモードに切り替えてデミグラスソース(粉末)を入れて煮詰めて、ハンバーグソース完成♪

粉のデミグラスソース、案外使い勝手が良いです!



はー、ごちそうさま。
いよいよ明日、修理に出します。

しばらくお別れだね、クックフォーミー…


関連記事



↓↓
cook4meを詳しく見てみる






スポンサードリンク

クックフォーミーの完璧な温度管理を使って、繊細な温度設定が必要な肉料理を追究しています。

→厚さ5センチのハンバーグを作った記事はこちら


ハンバーグ、もう1回作りたいんですが連日ハンバーグにするわけにもいかないので、

今回作ったのは!

T-fal Cook4meでローストビーフを低温調理で作る


ローストビーフ

ローストビーフは見た目の豪華さに相反して、焼くだけなので非常にシンプルな料理です。

とはいえ、温度管理を間違うと、
赤身っぽさがなくなったただの茶色い肉になってしまったり、
お腹壊すんじゃないかと思うくらい生肉になってしまったり、
表面がコゲてしまったり、と、落とし穴がたくさんある繊細な料理です。

温度管理が重要なものほど得意なのがクックフォーミー!


今回は、

スロークッキング (75℃)
再加熱 (70℃)
保温 (60℃)


で調理していきます。

ローストしたあとアルミホイルに包んで肉を寝かしながらじっくりと火を入れていきます。


前回ハンバーグを作って知ったのですが、
スロークッキングは蓋を開けないと使えない、
再加熱と保温は蓋を閉めないと使えないのです。

T-fal Cook4meでローストビーフを低温調理で作る

スポンサードリンク


では調理開始。

-材料-
牛モモ塊肉 400g
クレイジーソルト 塊肉の全体にまぶせる程度
オリーブオイル 大さじ2
ベビーリーフ

-ソースの材料- 
赤ワイン 大さじ2
ウスターソ-ス 大さじ1
しょうゆ 小さじ1
ケチャップ大さじ1


-作り方-
塊肉を常温に戻しておく
クレイジーソルトを肉の表面にまぶして手でなじませ30分置く
クックフォーミーの焼き色付けを開始
クックフォーミーの鍋にオリーブオイルを入れる
塊肉を入れて1面につき1~2分焼いていく (目安は綺麗な焼き目がつくまで)
全ての面に焼き目が付いたら、クックフォーミーの設定を「再加熱」に設定。
塊肉を取り出しアルミホイルに包み、クックフォーミーに戻して蓋を閉じる
再加熱モードで10分置く(5分置いて、上下を入れ替え5分)
肉を取り出し、切り分けて完成


肉を再加熱モードで寝かしたときの、注目の肉中央部の温度はというと。

T-fal Cook4meでローストビーフを低温調理で作る
スポンサードリンク



62℃!!

60-65℃になるようにしたかったので、

ばっちりです。


切ってみると…

T-fal Cook4meでローストビーフを低温調理で作る



これこれこれこれ!!
これを作りたかったんだー!




クックフォーミーの温度管理、便利すぎる(*´ェ`*)
すごく簡単だし安心感が半端ない。

ぜひ作ってみて下さい

関連記事



↓↓
cook4meを詳しく見てみる



スポンサードリンク

いざ修理に出す(しばらくお別れ)となると、あれもやりたいこれもやりたいとなって、
結局まだ修理に送れずにいます。笑

かねてから温めていたレシピのアイデアがあり、まだ検討段階でしたがそのひとつを実行しました。


ボリュームたっぷりのハンバーグ!
野球ボールのごとし!
クックフォーミー低温調理でハンバーグを作ってみた


表面を焼いて、中はじっくり火を通す(目指せ60~65℃)。

これをクックフォーミーの徹底的な温度管理のもとで作ってみたかったのです。

クックフォーミーは、焼く煮る蒸す圧力調理のみでなく、


スロークッキング (75℃)
再加熱 (70℃)
保温 (60℃)

の機能があります。

この機能を使えば、60~65℃を保ってじっくり中に火を通すことが可能ではないか。
そう考えたのです。



いざ!



ハンバーグの材料
合いびき肉 500g
玉ねぎ 1/2個
パン粉 大さじ1
牛乳 大さじ1
ナツメグ 適量
塩コショウ 適量
オリーブオイル 大さじ2

調理手順

合いびき肉をボールで練って、炒めた玉ねぎ、牛乳に浸したパン粉、ナツメグ、塩コショウを入れて練ります。
成型は、よくある小判型ではなく、

球体
これが今回のポイントであり、レシピの動機。


4つのハンバーグボールが出来たら、鍋にオリーブオイルを入れ、

クックフォーミーのマニュアル調理→焼き色付け


焼く!(2分間)


ひっくり返す!(案外簡単にできました)

クックフォーミー低温調理でハンバーグを作ってみた
スポンサードリンク



触れるくらいの温度のお湯を50ml入れ、アルミホイルで蓋をする。


焼き色付けを終了し、マニュアル調理→スロークッキング75℃

クックフォーミー低温調理でハンバーグを作ってみた


これで10分蒸らす。

スロークッキングは75℃、クックフォーミーの蓋を閉めるわけではないので目標温度よりも高めでやってみました。


ハンバークの中心部の温度を計ってみます。
クッキング温度計をぶっさす。

クックフォーミー低温調理でハンバーグを作ってみた


くそ!69.4か!!!

目標値よりも高くなってしまいました。
再加熱温度(70℃)が良かったようす。


込み上げる悔しさを堪え、鍋に残った肉汁で作ったデミグラスソースをかけて完成。
(旦那作のタンシチューのときに使ったもの)

クックフォーミー低温調理でハンバーグを作ってみた
スポンサードリンク


見た目は迫力があって良いですね!

しかもこの厚みなのに中まで火が通っていて、それなのに全く焦げていない。 
クックフォーミーならではです。


しかし、肉はやや固かったです
課題の残る温度管理。


ちなみにノーマルハンバーグと、アボガドを包んだハンバーグを作りました。



このハンバーグレシピ、次は

再加熱モードで蒸らす!!

肉の食感、乞うご期待

これを作ったら、修理に出すぞ。笑        


関連記事





↓↓
cook4meを詳しく見てみる



スポンサードリンク

クックフォーミーご愛用者のみんなー!

米!!

炊いてるか~!!



満場一致のYES!が聞こえてきそうですね



我が家では、あまり白米は食卓に出てきません。

基本的に米は茶色いです、玄米が入っているので。

2合玄米、1合白米のブレンドです


私も夫も重度の便秘でして、なんとか繊維を摂ろうとあの手この手で必死なのです。



健康に良い、玄米。

でも炊飯時間が長いですよね~



クックフォーミーなら、白米は加圧3分で炊けるのに!

クックフォーミーをもってしても、玄米はなんと驚異の20分…!

黒豆レベルですね!!!!(クックフォーミーで黒豆を作ったことがある人はわかるはず)



こんなにじっくり炊くのだから、
間違いなく、上手く炊けているのです。

スポンサードリンク




でも気になるのが、これをほとんど毎日やっていたら電気代がすごくなりそうだということ。




そこで、思い出したのがクックフォーミーが保温力が凄まじいということ。

これを手掛かりに、玄米を簡単&節電で炊く!という命題のもと、試行錯誤し辿り着きました


材料:
白米1合
玄米2合
水(お米の計量に使ったカップで) 4杯(白米には同量の水、玄米には1.5倍の水) 



材料から、白米を選択。
炊飯時間を初期設定の3分から6分に変更してスイッチオン。
炊けたら保温と電源を切って(節電です)、蓋を開けずに1時間蒸らす!(要は放置です)

冷めるんじゃないの?と聞こえてきそうですが、まぁアツアツではありません。
ぬるくもありません。
それなりに熱くて、逆に食べやすいので私は好きです。

アツアツが好みなら、蒸らしを1時間→30分にすればまぁまぁOKです。

玄米にほんの少し芯が残るかもしれませんが、アルデンテとポジティブに捉えれば、OKですね。




書けば書くほど私の大雑把さが露呈して恥ずかしくなってきました。
こんな技もあるんだ、程度に流してください。笑
節電とか言ってケチってないで、普通にクックフォーミーの玄米モードに従えば、間違いないです( ^ω^ )




↓↓
cook4meを詳しく見てみる






スポンサードリンク

冬ですね~

冬といえば蟹ですね!!

蟹は蟹でも、


タカアシガニ



ご存知ですか?


ふるさと納税で名産品を色々と見ていて知りました。

世界最大の節足動物なんですって!

そういえば水族館で見たことがあります。

wikipediaより

image
スポンサードリンク



なかなかグロテスク。これを食べるには勇気がいりそう。



しかし!旺盛な好奇心を抑えられず、注文。

そういえば私、昔イケアでザリガニ食べたなぁ。

夫は唖然としたまま、一口も食べなかったなぁ。



夫、今回は大丈夫かなぁ?



そんなことを思いつつ、ついにタカアシガニが到着!

2017-01-26-20-14-47

足だけなのに迫力が!!

2017-01-26-20-15-24

体は別盛りで。

この大きさ、迫力をどう表現すべきか…

2017-01-26-20-16-02

1日分の野菜のポップさとは裏腹に、タカアシガニが死神の鎌に見えてきますね!


関節から関節までが長い!さすが、世界最大!




夫は、見た目が無理、赤すぎ。触れない。とかなんとか言って震えていました。


まず私が食べて美味しいとかなんとかポジティブな様子が見られない限り食べなさそうだったので、

足一本だけ、鍋で蟹しゃぶでいただくことに。



しゃぶしゃぶ…

タカアシガニは殻が柔らかくて、関節を反対に曲げてパキっとしてから引っ張るだけで、きれいに身が出てくるので食べやすいところもポイントが高いです


パキ!

つるッ!!



どや!

2017-01-26-20-18-46
スポンサードリンク



色鮮やかで、ぷりっぷりの身、

そしてこのとんでもない大きさと剝きやすさ!

最高!



うまー!!!

…って残念ながら、そうはなかなか行きませんでした。

しょっぱい。

なんだこの口いっぱいに海水が広がるかのような塩辛さ。

しゃぶっとしてパク!はダメぽいです。



かといって、

しっかりしゃぶしゃぶ(もはやグツグツ)して火を通すと、

まぁ、おいしいんだけどそんなリピートしたくなるような美味しさでもない。


大げさに言うとゴムを食べているかのような、モサモサ感、そして味がほぼない。





調べてみると、タカアシガニは蒸すことでさらにおいしくなるとか。

しゃぶしゃぶはもう満足したので、気持ちはもう蒸しに一直線。




せっかく何本もあるので、

①クックフォーミー(圧力調理)で蒸す

②普通の鍋で蒸す

食べ比べてみたところ、


圧力調理の蒸し蟹が一番おいしかったです。

美味しさを表すとこんな感じ。


しゃぶしゃぶ < グツグツ << 鍋で蒸す <<< クックフォーミーで蒸す 


塩辛さはないし、甘さが強くなって、ぷりっとふわっとした食感。



圧力蒸しタカアシガニ、大正解!




タカアシガニのシーズンは12月から2月。

食べるなら、圧力をかけて蒸すのがおすすめです!!!

ちなみに。


クックフォーミーのマニュアル調理から、圧力調理を選択し、5分に設定。

鍋に600mlの水を入れて、付属の蒸しカゴにタカアシガニを入れて、スイッチオン!



水族館にもいる世界最大の蟹、タカアシガニ。

ズワイガニやタラバガニとはまた違うタイプの蟹で、どっちが美味しい?と比べることはできません。

話のネタにもなるのでぜひお試しください。
スポンサードリンク

このページのトップヘ