T-falクックフォーミーを使いこなすブログ

T-fal Cook4meは本当に使える家電なのか? 日々、様々なレシピを試して評価しています。

カテゴリ: 色んな人が使ってみた

これからクックフォーミーを家族にも使って料理してほしいとお思いの方にとって有意義な情報を提供すべく、色々な驚き、気付き、反省、面白発見をレポートします。



予告通り、夫がクックフォーミーの本体内蔵レシピの「お手軽タンシチュー」を作ってくれました。

さすがクックフォーミー。大成功でした。


何より、これまでほとんど台所に立つことのなかった(肉を焼く、1年に1回あるかないかの頻度でカレーを作ってくれたりはしますが)夫が、

自ら料理をしてくれた!ということがとにかく喜ばしいことです。



その合間に私は隣で食器を洗ったり…息子を抱っこして一緒に夫を眺めたり…新鮮な経験でした。
(前回記事の、「家をぴかぴかにしたい」というのには一切着手せずでした笑)




では、夫渾身の「お手軽タンシチュー」がこちら

 
クックフォーミーでタンシチューを作ってみた


美味しかったです!!!!!



写真?あれ?なんか違う?とお気づきのアナタ!

cook4meでタンシチューを作ってみた

上:クックフォーミー公式サイトのタンシチュー画像
下:夫のタンシチュー

男の料理感に気付きましたね!笑


野菜の切り方がすごかったです。
いや、というか色々すごかった。




でもさすがクックフォーミー。
材料の量や切り方は画面に一覧で出るし、
料理手順もサポートしてくれるし、
火加減の調整は不要、
煮込み時間も気にしなくて良い。

最初の材料の準備だけやってしまえばもう終わったも同然。

夫はかなり久しぶりの料理でしたが、何の失敗もなく、ばっちりできました。
今回は初挑戦だったので私が近くにいるようにしましたが、

次は「クックフォーミーでこれ作っておいてね」と言って外出してしまえるんじゃないかと思いました。



まずは、お手軽タンシチューの材料は以下のとおり
クックフォーミーでタンシチューを作ってみた

ポイントは、野菜の「7mm角切り」です。

私が心配したのは、とても几帳面な夫がこの7mmに執着してかなりの時間を費やしてしまうんじゃないかというところ。

野菜を切り終えた様子を見て、私は愕然としました。

料理をしない夫だけどクックフォーミーなら使ってくれた


角…!?角はどこに…!!

 
後から夫に聞いてみると、
「シチューの野菜が7mmの角切りのイメージが湧かなかった。店で食べるシチューの野菜はゴロゴロ大きい。」

どうやら、外で食べるシチューのイメージと、7mm角切りという指定とのギャップに困ったよう。

良く見てみると、
にんじんは、いちょう切りから徐々に乱切りに変わっていっているし、
玉ねぎは、スライスから角切りに突然変わっているし、
マッシュルームは、4等分からスライスに変わっています。

心の迷いがよく表れていました。
困ったんだね…


さらに、セロリ1/2本は、こちら


セロリを手で縦に割った、だと…!

1/2、その通りだなとびっくりするとともに納得しました。



まぁでも、切り方はどうあれ煮込むので問題ありません。


材料の下準備を終え、OKを押すと予熱開始。
5分ほど経って、野菜とタンを炒めます。

サラダ油を使うのですが、
「油はオリーブオイルが良い」
ということでオリーブオイルを適量、のところを結構多めで炒め開始。
適量とは曖昧なものです。

「ここはガスでやった方が良いな。火力があんまり」

と言いつつ、5分ほどで炒めは完了。
(火力はあんまり、という点は、野菜や肉を焦がさないためなのかな?と思います)

クックフォーミーの料理画像

OKを押し指示通りに水を入れて蓋を閉めると圧力調理開始。
予熱があって、圧力調理は5分でした。

終わりの合図が鳴って、圧が抜けて次の工程へ。
デミグラスソースを入れて煮詰めます(5分の表示)。


ここで、用意したデミグラスソース缶に思いもよらないトラブル。

買ったデミグラスソース缶、開けてみると粉末でした

液体に溶かして200mlなのか?それにしても分量の記載がない。
粉末のまま200g?ハヤシライスの例だとスプーン2杯で1人分という記載があって、粉末のままだと多すぎるのでは…?

最終局面で躓きましたが、
味見しつつスプーン5杯と水100mlを入れて、なんとかなりました。

デミグラスソース選びは慎重に。

クックフォーミーのタンシチューで使ったデミグラスソース

煮込みの時間もあと少し。


もうあとは放っておけば完成!

なのに夫は、

「牛乳を入れてコクを出したい」
と言って牛乳を50mlほど投入。


なんで?と尋ねると、
「ルーチンだ。」


名言です。

ルーチンだ。

(`・ω・´)



牛乳は彼のカレー作りでは欠かせない隠し味のひとつなのでした。

アレンジしたくなるのは誰しも同じなのか…



そして料理開始から45分。
お手軽タンシチュー、完成!



レシピに書いてある
準備時間12分
調理時間10分
は、まぁ、目安ですね。


唯一の改善点は、もっと質の良い肉を買うべきでした。
焼肉用の牛タンスライスを使ったので柔らかくなかった。
国産和牛のタン塊肉を1cmとか、それなりの厚みでスライスすべきでした。



さて、久しぶりの料理を終えた夫の様子、さぞ達成感にあふれているかと思いきや、そうでもない。

「タンシチュー」という言葉の響きに気を取られていたので気付かなかったのですが、
肉と野菜を切って炒めて煮る、

カレーと同じじゃないか!



カレーは夫の料理のレパートリーのひとつです。


残念ながら、タンシチューを作ることができたということに感動はなかったのです。

ということで、
次はそれを踏まえて選んだレシピを作ろうということになりました。

やった!また作ってもらえるぞー


関連記事





スポンサードリンク



↓↓
cook4meを詳しく見てみる






スポンサードリンク

家事に追われる主婦・主夫の皆様、

さらには仕事や育児にも大忙しの皆様。

1人で色々と抱え込みこなしてしまっていませんか?

スポンサードリンク


我が家は、私がお仕事をお休みしているので主婦、夫は朝から晩まで働きまくっているので完全に分業しています。

夫:仕事
私:家事・育児


平日は良いです。お互い頑張っています。


土曜日曜は、お互い休みたいです。
でも実際は、

夫:平日の激務の疲れを癒すべくほぼ寝たきり。笑(ソファで寝ころびながらテレビを見て過ごす)

私:仕事に燃える夫をサポートしたい思いはあるので家事育児を引き続き頑張る。が、日曜の午後あたりには「そろそろ活動してくれ」と徐々にキレる。



夫も私も、「このままじゃだめだ!」というのが正直なところ。


じゃあ夫が仕事量を減らせば良い?いえ、違います。
私が耐え忍べば良い?いえ辛いです。


お互いに楽しく気持ちよく、協力できればベスト



そうは言ってもどうしたら??

そんな時、私の目の前にクックフォーミーが目の前にいました。



もし私の代わりに料理を作ってくれる人が居たら、その間に洗濯物を片付けたり、掃除したり、子どもにご飯を食べさせたり、色々出来る。
一気に二つの家事が片付くのだ!



クックフォーミーは、時短簡単に本格的な料理ができる。

ということは、普段台所に立たない夫でも、できるはず!
やる気ときっかけがあれば!


料理を全然しない夫にクックフォーミーを使ってもらうべく、頑張って戦略を練って会話してみました。
 


まず夫にクックフォーミーのレシピ集を見せて、



「次どれ食べたい?」


と尋ねてみました。


スポンサードリンク



レシピブックをパラパラめくりながら、


「酒のつまみになりそうなのがある」「家庭料理っぽくない本格的なのがいっぱいある」

などと楽しそうに見ているではありませんか。


そこですかさず、


「どれでもいいよ!クックフォーミーって全部自動でやってくれてすごい簡単だから♡」

云々言って、

ここぞとばかりにクックフォーミーの便利さを夫に説明



「へぇ!」



食いついたらこっちのもの。
クックフォーミーの便利さをたーくさん話して、今まで作った料理の感想なんかを写真を見せたりして楽しそうに話し…



「週末トイレぴかぴかに掃除したいから、お昼ご飯代わりに作ってくれると嬉しいなぁ」

*満面の笑顔をキープしたまま

と、料理のバトンタッチを提案。

綺麗好きな夫に、トイレをぴかぴかにするという条件を提示したこともあって快諾でした。


ここは何でも良いと思います。
正直に「ゆっくりさせてほしい」でも、
「私に何かあったときでも自炊できるようになってほしいから」でも立派な理由だと思います。


もしくは、
「週末一緒に作ってみよ~」
だと、さらに理解を得られやすいのではないでしょうか(一緒にと言いつつ実際に動くのは夫です)。



さて、そんなこんなで週末、初めてクックフォーミーを使って料理をすることになった夫。



タンシチューを作るそうです!!!

レシピブックの「手早くできて本格レストランの味!」というキャッチフレーズに惹かれたようです。


週末が楽しみ…♡


↓↓
cook4meを詳しく見てみる






スポンサードリンク


※全ての50代女性に当てはまる話ではありませんので、愉快な小話としてかるーく読んでいただけますと幸いです。

結論から申し上げます。


•機械が得意ではない
•料理が得意
•自己主張が強い
•50代

以上のような特徴を持つ母がクックフォーミーを使うとどうなるか。


•クックフォーミーの指示を見ない
•材料にアレンジを加える
•火力が弱いからとガスを使いたがる


やっぱりダメだった('A`)






現在、遠方に住んでいる母が我が家に数日滞在しています。


私の母は、なんでも興味津々、果敢に挑戦するタイプです。

そして、我が家の台所にあるクックフォーミーにももれなく食いついてくれました。

良い機会なので、この前作って美味しかった「豚肉ときのこのトマトカレー」を作ってもらうことになりました。



ただし母は大の機械音痴。

機械操作の勘が冴えてない上に、取扱説明書には目もくれません。
大体機械が苦手な人って取説読まないで始めちゃうんですよね。

なので、私がクックフォーミーをカチカチ触りながら、口頭で使い方を説明しました。

•クックフォーミーは、画面に出てくる指示に従って料理をしたら誰でも美味しく料理できる最新家電。
•本体に入ってるメニューをこうやって選んでこうやってOKを押せば料理開始。
•あとは画面の表示に従って作れば調理は自動だよ!と。



母、キラキラした目で早く動かしたいとアピール。



私が横から口を出さないように、息子とともにしばし外出。
その間に母に料理をしてもらいました。


スポンサードリンク



30分後、帰宅すると...

母「おかえり!今スイッチ入れたところやで!」
※コテコテの関西弁です


やっぱりすごいよクックフォーミー!

誰でも簡単に料理できるんだね!!


と、思って台所へ様子を見に行ってみると。


クックフォーミーは予熱が始まったばかりの様子。




クックフォーミーの中の鍋からかすかに見えたのは、
山盛りのフレッシュな材料

山のテッペンにはトマトが盛られていた。



 

え?このレシピってまず肉と野菜を炒めてから、トマト缶を入れて煮込みに入るはずでは?

え?まだ予熱なのになぜ食材が入っているの??

なぜ山盛り??





私、大混乱。落ち着いて状況整理('A`)


私「あれ?これ全部入れたん?」

母「そうやで!」


そうやで、だと??!


私「え?作り方の画面見なかった?
     下準備の画面の後の作り方の画面??」

母「下準備したら材料を全部入れたら良いんやろ。さすが文明の利器やね。」


はぁぁーー⁉︎('A`)


それってただの圧力鍋じゃないの...。
クックフォーミーは、画面表示に従わないと何の意味もないよ...


言葉を失う私に、母も失敗に気づいた様子。
でも負けん気が強いので、

「このままやれば上手くいく」

と言い放つ母。



さらに言葉を失う私( ´_ゝ`)



通常よりもかなりの時間を要して予熱が完了し(おそらく空じゃないから)、焼き付けの工程。

もはや焼くものはないので、スルー。


圧力調理開始。


1分くらいで圧が抜けて次の工程へ。




母「もう終わったん?早いね」

私「いや、まぁ、本来は焼いて火が入ったことになってるからじゃないかな」

母「...。あれだけ予熱されてたら大丈夫やろ!」


と、台所から出ていく母。

私「おっと待って。まだ次の煮込みの工程があるから」

母「え?ほんま?」

私の心の声「(画面見ないで作れるわけがない...!!)」


そして煮込みが終わり、クックフォーミー的には完成。


味見してみる。

母「薄っ!」 

私「ほんまや薄っ!これレシピ通りに調味料入れた?」

母「ルーの代わりにコンソメ入れた」



私「なんでアレンジ!!!
     カレールー入れなトマトカレーならんやん?」



母「トマトカレーっていうか、これ、ハヤシライスやろ」


全く話が噛み合わないのでこの頃の私は相当疲れていました。





母「もう普通の鍋に移して、お母さんなりの味付けするわ。」

私「せやな」



私、せやな以外の言葉が見つかりませんでした。



普通の鍋に移されガス火で煮込まれるトマトカレー。


いえ、これはカレールーが入っていないのでカレーではありません。


母「(色々した挙句)ルー入れようかな。」

私「へえ、ふーん」

私は意見することを辞めました。


そして、母渾身のオリジナル豚肉ときのこのトマトカレーがこちら




主婦歴30年余の母の料理なので普通に美味しい。
しかし
、これはクックフォーミーは関係ない料理である。




母オリジナル版
豚肉ときのこのトマトカレーの材料はこちら↓↓

豚肉(切り落とし、小麦粉をまぶす)250g
お好みのきのこ(エリンギ、しめじ) 一株ずつ
玉ねぎ(スライス) 1個
にんにく 1片
小麦粉 小さじ1
オリーブ油 大さじ1
カットトマト水煮缶 1缶
水 400ml
ローリエ 1枚
カレールー 
120g  →20g
ガラムマサラ 適量
塩コショウ 適量
酒 小さじ1
カレー粉 小さじ2
コンソメキューブ 3個
あらびき黒コショウ 適量
※灰色の材料は母が入れなかったもの、赤字は母が独自に追加したもの
 





美味しい、美味しいと頬張る母。

母「これ、要はハヤシライスやろ。
     でもお母さんのハヤシは、トマト缶にケチャップとウスターソースで作るねん。 
  お母さんのは、本物のハヤシや。」


誇らしげに言い放つ母。


私「今回作ったのはトマトカレーでハヤシライスではない。
  しかも、お母さんの本物のハヤシってなんやねん。ウスターソース使ってたら本物とは言わないやろ。」

と心の中でツッコミを入れつつつ、
私は最後の一口を飲み込みました。





•機械が得意ではない
•料理が得意
•自己主張が強い
•50代

以上のような特徴を持つ母がクックフォーミーを使うとどうなるか。


•クックフォーミーの指示を見ない
•材料にアレンジを加える
•火力が弱いからとガスを使いたがる


ご参考までに。



関連記事



↓↓
cook4meを詳しく見てみる






スポンサードリンク



クックフォーミーの置き場所がないから買うのをためらっている方、
炊飯器の代わりにクックフォーミーを置いてみてはどうでしょうか?



我が家は、炊飯器を持たない生活を始めてかれこれ4年になります。

この4年の始まりは、夫と生活を始めたタイミングです。


夫はとってもグルメ。

このご時世なのに、接待で高額高級料理に日々舌鼓を打って味覚を鍛えているのです。


それはそうと夫は、

特にお米へのこだわりがすごい。


彼は独身の頃から炊飯器を持たず、炊飯専用の土鍋を使っていたのです。


20161201
↑この萬古焼きの土鍋(三鈴陶器)を愛用していました


夫は当時、ブラック企業で有名な(?)企業に勤めていて、睡眠時間3時間とかいう状況だったにも関わらず、

彼は直火の土鍋にこだわって米を炊いて食べていたのです。

夜な夜な寝る間を惜しんで米を炊く独身男性。驚きを通り越して笑いが込み上げてきます。




前置きが長くなっております。すいません。


スポンサードリンク




夫との共同生活が始まり、

私は、彼の米へのこだわりを尊重し炊飯器から離れました。

しかし毎回のご飯を土鍋で炊くのは面倒くさい。私だって仕事がある。

すぐに嫌になりました。



そんなとき耳にしたのが

「圧力鍋でご飯を炊くと5分で炊けるし美味しい」

ということ。



試しにやって、夫に食べてもらったところ、これは旨い、と。

それから、炊飯は圧力鍋をメインに使うようになりました。

美味しいし、火にかけるのは5分くらいで節約にもなるので圧力鍋でご飯を炊くというスタイルが定着しました。



しかし、

今年息子が生まれて生活が一変しました。


自分の好きなタイミングで行動できない不便さ。


まぁそれでも炊飯スタイルは変わりませんでしたが、

やっぱりそろそろ炊飯器、買う~?なんていう話が夫婦の会話に出てくるようにはなりました。


スポンサードリンク




そんなとき現れた、クックフォーミー。



予約ができる
保温ができる
圧力鍋

しかも、白米は1合~10合まで炊ける(炊飯時間は3分)
さらに、白米だけじゃなく、白米粥、玄米、玄米粥、もち米を炊くためのモードを搭載しています。

*白米粥は0.5合、玄米は1~10合、玄米粥は0.5合~1合、もち米は1~8合まで炊けます。



今のままでもやっていけないことはない。

だけど、クックフォーミーでかなり暮らしやすくなる。

クックフォーミーを買った理由はそんな米問題の解決のためでもありました。



クックフォーミーを手に入れて、炊飯、もちろんやってみました。

クックフォーミーで炊いたご飯は、これまでの圧力鍋と同じくらい美味しい。

夫も納得の炊きあがりです。




そして、予約ができて、炊けた米をそのまま保温できる。



クックフォミーは炊飯器だった!




工程としては、

鍋にお米を直接入れて洗米、水を調整し、

クックフォーミーの米モードを選択し、炊きたい合数を設定して、スイッチオン(ここで予約の設定もできます)。


予熱→圧力調理3分 で完成。

炊けたらピピっと音が鳴って、自動的に保温モードに切り替わります。




クックフォーミー万能すぎるぜ!





白米炊飯時の加圧時間は3分ですが、

玄米は20分です。

3分に比べると長く感じますが玄米にしては早いですよね?さすが圧力鍋。


でもクックフォーミーの驚異的な保温力(余熱力?)を使えばもっと節電しながら炊けるんじゃないかと思い炊き方を研究しました。
→【白米・玄米の炊飯】時短と節電をもっともっと追及した炊き方
スポンサードリンク

このページのトップヘ